日本が世界に誇る、最高水準のデータ復旧の技術。
一人でも多くの人に利用してほしい思いを込めました。

データ保管用のHDDの故障

私がメインで使っているPCのデータ保存容量は250GBです。

ただ音楽データもありますし、写真のデータも溜まっていくと異常なほど容量を食いますので、別で外付けハードディスクを使用しています。


外付けハードディスクはその名の通りハードディスクを外付け(USBケーブルで接続)して使用します。

実際に使ったことがない方でも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?


この外付けハードディスクは実に便利です。

普段使わない保管用のデータをまとめてそこに入れておけばPCの容量を常に少ない状態で保てるのでPCのパフォーマンスも高い基準をキープすることが出来るのです。


高いもの、安いものとありますが、500GB位の外付けハードディスクで7000円前後のイメージでしょうか。

最近ではUSBメモリでも500GB位ならありますので、そこは好きなほうを使ったらよいと思います。

(ちなみにUSBメモリのほうが実際に使用した感じで壊れる確率が高いので外付けハードディスクを利用しています)


しかしそんな便利な外付けハードディスクも衝撃を加えたりすれば当然破損してしまいます。

外側に傷がつくだけであればまだましですが、中のデータまで破損してしまった暁には大変です。

自分で直す術を知っていれば良いですが、大抵の人はそこまでの知識がないと思うので、実際にそんな状況になったら焦ってしまうと思います。


そんなときに役に立つのがPCのコールセンターです。受け答えをしてくれるオペレーターによって当たり外れというのはありますが、少なくとも自分たちよりは知識のある人間がどうすればよいのかを教えてくれますので、まずは相談してみるのが良いと思います。


ここで一つポイントとなるのがメーカー修理となった場合です。

おそらく口頭で修理の場合中のデータが紛失する場合がある(あくまで製品の修理で中身に関しては修理できない)というを伝えられると思います。

そうなった時にはデータ復旧を専門的に行っている業者がありますので、そこに問い合わせをしてみると良いかと思います。


────────────


【まずはお見積りを】


日本データテクノロジーは、数あるデータ復旧業者の中でダントツの実績。

8年連続No,1の実績を体感して頂きたい。まずはご相談下さい。